2017年8月19日(土)に開催された「第60回神奈川県合唱コンクール」にて、附属高等学校コーラスクラブが高等学校部門 A部門で金賞を受賞し、翌日に行われた中学、大学職場一般部門も合わせての最高賞、全日本合唱連盟理事長賞と神奈川県知事賞も受賞しました。代表校として「第72回関東合唱コンクール」へ出場します。

神奈川県合唱連盟:神奈川県合唱コンクール「審査結果」
朝日新聞デジタル:合唱ページ「(神奈川)県合唱コン、12団体が関東大会へ」 
全日本合唱連盟 関東支部ホームページ

日本女子大学附属中学・高等学校ホームページ

 2017年8月9日(火)~16日(水)にスウェーデン、ヨーテボリにて開催された国際会議「The 28th International Conference on Low Temperature Physics (LT28)」にて、理学研究科数理・物性構造科学専攻博士前期課程1年 相川夕美花さん(数物科学科卒業)が、『Best Poster Award』を受賞しました。

発表題目:”Electrical transports between MoS2 based electric double layer transistor and normal and superconducting Al” Aikawa Y.,Tsumura K.,Narita T.,Takayanagi H.,Ishiguro R.

best_poster_award

The 28th International Conference on Low Temperature Physics (LT28)

日本女子大学 理学部 数物科学科
日本女子大学 理学研究科 数理・物性構造科学専攻

 USAライス連合会主催「第5回『カルローズ』料理コンテスト2017」学生部門にて、家政学部食物学科 食物学専攻3年 岡田綾さんの作品『ガスパチョ風 カルローズサラダ』が優秀賞を受賞しました。

 カルローズは日本米とタイ米の中間にあたるお米で、アメリカ・カリフォルニア州で広く栽培され、カリフォルニア生まれの新感覚ライスとして販売されています。
 今年は『おコメ料理のイメージを変える!』を統一テーマとして、おコメを「食材」の一つとし捉えて他の食材と組み合わせた、新しいおコメ料理が募集されました。学生部門のサブテーマは「”ミールサラダ” 栄養バランスがよく、ボリュームのある、それだけで一食になるサラダ」で、応募総数395作品の中から3作品が優秀賞に選ばれました。

 本学では、カルローズレシピコンテストで学生部門の優秀賞を受賞するのは4年連続(5名受賞)です。

〈USAライス連合会HP〉
「第5回 カルローズ料理コンテスト2017」

日本女子大学 家政学部食物学科 

 リカレント教育課程は、内閣府男女共同参画局「平成29年度女性のチャレンジ支援賞」(*)を受賞しました。本課程は「大学卒業後に就職し、育児や進路変更などで離職をした女性を対象に、1年間のキャリア教育を通して、技能・知識と働く自信・責任感を養い、再就職を支援するプログラム」として、2007年度に開設しました。各自のエンプロイアビリティ(働く自覚と自信・社会性・責任感・コミュニケーション能力)を再開発し、再就職支援のための「学び直し」のみならず、就職まで確実につなげる取組みについて、内閣府男女共同参画局に評価されました。

 表彰式は6月21日(水)、内閣総理大臣官邸にて執り行われました。また、同日、東京国際フォーラムで開催された「男女共同参画社会づくりに向けての全国会議」において、本学生涯学習センター所長・文学部日本文学科 坂本清恵教授がパネリストとして登壇し、リカレント教育課程の10年間の取り組みと現在の状況について発表しました。

*【女性のチャレンジ支援賞】起業やNPO法人での活動、地域活動などでチャレンジし、活躍する女性個人、女性団体・グループなどへの積極的な支援を行い、男女共同参画社会の形成の促進に寄与した団体・グループを表彰。

〈内閣府ホームページ〉
内閣府男女共同参画局 「平成29年度女性のチャレンジ賞受賞者名簿」

日本女子大学リカレント教育課程

dsc_4632_s2

e58aa0e897a4e5a4a7e887a3e381a8e59d82e69cace68980e995b7_s

e8b39ee78ab6efbc91_s e3819fe381a6efbc92_ss

 「第52回 東京都公園協会賞」の『ボランティア・社会貢献活動』にて、人間社会学部教育学科 田中雅文教授が代表を務める「武蔵野の森を育てる会」が優秀賞、『論文部門』にて、卒業生 天野芙美さん(住居学科卒業)が奨励賞を受賞しました。

◆『ボランティア・社会貢献活動』優秀賞
 武蔵野の森を育てる会 「武蔵野の雑木林を未来へつなぐ-生物多様性の向上を目指し、多様な市民と共に取り組む保全活動-」
武蔵野の森を育てる会ホームページ

◆『論文部門』奨励賞
 天野 芙美 「防火樹の現代における有用性について-寺院・神社・公園に現存する樹木の比較調査-」

〈公益財団法人 東京都公園協会ホームページ〉
東京都公園協会賞
第52回東京都公園協会賞 受賞作品一覧

 「東京都公園協会賞」は、東京を緑豊かな都市にするため、「緑と水」の普及啓発に参加協力した市民(個人または団体)から、技術・論文・実施記録および報告・ボランティア活動の4部門に分けて作品を公募し、優れたものを表彰するものです。

img_1457_s

 「第53回 神奈川県美術展 中高生特別企画展 書部門」にて、附属中学校2年 六浦一華さんが入選しました。
 神奈川県美術展は、新人作家の育成と美術文化の向上を図るため、公募による美術展を開催しています。併せて、将来のアートシーンを担う県内の中高生を対象とした特別企画展も行っています。

〈神奈川県ホームページ〉
第53回神奈川県美術展

 2017年6月14日(水)~7月1日(土)神奈川県民ホールギャラリーにて、入賞・入選作品の展覧会が開催されます。

神奈川県民ホールギャラリーホームページ

日本女子大学 附属中学校

 「第5回 吉野作造研究賞」にて、家政学部家政経済学科 小野寺研太講師著『戦後日本の社会思想史:近代化と「市民社会」の変遷』が最優秀賞を受賞しました。

 吉野作造記念館(宮城県大崎市)が主催する「吉野作造研究賞」は、若手研究者の育成・奨励を目的とした研究賞として、2008年に創設されました。

吉野作造記念館ホームページ「吉野作造研究賞」
書籍情報(以文社):『戦後日本の社会思想史近代化と「市民社会」の変遷』小野寺研太著

日本女子大学 家政学部家政経済学科

 大学院家政学研究科 通信教育課程家政学専攻2年で公立高等学校教員の相浦知子さんが「平成28年度文部科学大臣優秀教職員表彰」を受賞しました。
 文部科学大臣優秀教職員表彰は、全国の国公私立学校の現職の教育職員を対象に、優れた成果を上げた教員を表彰しています。

〈文部科学省ホームページ〉
「平成28年度文部科学大臣優秀教職員表彰式の開催について」
「平成28年度被表彰者名簿(公立学校)」

日本女子大学通信教育課程

2016年11月13日(日)に開催されました「日本官能評価学会2016年度大会」において、家政学部食物学科食物学専攻4年次 猪飼ゆいさん、兼高祥葉さんの発表がポスター優秀発表賞に選ばれました。

発表演題:カカオ豆のロースト条件とチョコレート嗜好の関連性
発表者 :猪飼ゆい、兼高祥葉、露木理紗子、飯田文子

日本官能評価学会2016年度大会

日本女子大学 家政学部食物学科

 理学部物質生物科学科、4年 小林弘佳さん、卒業生 加藤万智さん、関本弘之教授、土金勇樹助教の研究成果が「日本植物分類学会第16回大会」(2017年3月9日(木)~12日(日))にて発表され、筆頭著者の小林弘佳さんが大会発表賞(ポスター賞)を受賞しました。
 発表された研究題目は「接合藻ヒメミカヅキモの性フェロモンによる生殖隔離と生殖干渉 小林弘佳・加藤万智・関本弘之・土金勇樹」です。

日本植物分類学会第16回大会ホームページ
日本女子大学 理学部物質生物科学科

カレンダー

2017 年 9 月
« 8 月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の投稿

カテゴリー

ページ