11月24日(木)10:40からの授業「調理実習」に、八丈島の漁業協同組合女性部の方が講師として来訪されました。本学学生やf-Campusにより履修している早稲田大学等の男子学生が、ムロアジ・トビウオ・ナメモンガラとクサヤといった八丈島の美味しい魚の調理方法について教わりました。

 高増准教授(家政経済学科)による説明の後、ウーマンズフォーラム魚事務局の方からの挨拶、”八丈島のかあさん”である漁業協同組合女性部の方々の紹介・お話に続き、応援団の永田・八丈支庁水産係長から「八丈島の漁業」についての説明がありました。地元八丈島の方だから知っている楽しい話の数々に、受講学生からは笑いや感嘆の声があがっていました。

 説明後、早速調理作業にとりかかった学生達の間を、頼もしい”八丈島のかあさん”達が行き来し、調理をしながらの学生との微笑ましい交流が、あちらこちらでみられました。海に囲まれた島国で生きる私たちに、日本の魚をもっと知って欲しいという講師の方々の思いと、学生の魚への興味が触れあった実習授業でした。

※ウーマンズフォーラム魚事務局の詳細は、以下のページをご覧ください。
http://www.wff.gr.jp/

トビウオのさばき方(レクチャー)

トビウオのさばき方(レクチャー)



調理実習中

調理実習中

 

美味しくできました

美味しくできました

カレンダー

2020 年 12 月
« 7 月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページ