» 2015 » 12 月のブログ記事

2015年、日本女子大学人間社会学部は開設25周年を迎えました。

それを記念し12月12日(土)、西生田キャンパス九十年館10番教室にてシンポジウムが開かれました。

シンポジストは以下の3名の方々です。

*脚本家大森美香さん

e5a4a7e6a3aee38195e38293dsc_0038

現在NHKの連続テレビ小説「あさが来た」を執筆中の大森美香さんの講演のテーマは

「明治の女性にとっての女子大学-脚本執筆のなかで感じられたこと」。

なぜ広岡浅子をモデルに選んだのか・・それは明治という時代に女子大学がなぜ必要だったのか、そしてどのような過程で女子大学が創られていったかということに深い興味を持ったから、とお話しをしてくださいました。

*本学名誉教授 片桐芳雄先生

e78987e6a190e58588e7949fdsc_0054

「成瀬仁蔵と人間社会学部」というテーマでお話をいただきました。

人間社会学部に含まれる「社会」という言葉、これを成瀬先生がどう解釈していたかを切り口に、日本女子大学における人間社会学部の設立の意義をお話しいただきました。

*本学名誉教授 川原ゆり先生

e5b79de58e9fe58588e7949fdsc_0059

当時学生生活部長として、西生田キャンパスにおける新学部の芽吹きをつぶさに見守ってきた川原先生のテーマは

「開設当初の人間社会学部」。

手探りで新しい学部を切り開いていった教職員たちのご苦労、大学生活をより充実させようと奮闘する学生たちのエピソード、社会人入学の学生たちのめざましい頑張りなど、当時の活気ある人間社会学部のお話しをいただきました。

会場は学部の学生、大学院生、学校関係者だけでなく、卒業生や旧教職員も大勢参加しました。

e585a8e699afdsc_0079

 

満席となった大教室は、当時を懐かしむ思いと未来にむけての希望と期待で、和やかな活気にあふれました。

冬晴れの空の下、附属豊明小学校6年生120名が、
大学構内と周辺の落ち葉清掃を行いました。
泉プロムナードに集合

まず、大学の職員の方にご挨拶をしました。

よろしくお願いいたします。

泉プロムナードと大学周辺と、ふたつのグループに分かれて清掃活動をします。

静かに移動します

周辺組はさらにテニスコート近辺、歩道橋、歩道に分かれて清掃を行いました。

dsc_0012dsc_0021dsc_0026dsc_0025

dsc_00271dsc_0022

掃くそばから銀杏の葉が落ちてきましたが、

「落ち葉が散るより早く掃除をすればいいんだね!」

と言いながら一生懸命清掃しました。

dsc_00652

 

 

 

 

30分少しの時間で落ち葉の山ができました。

一方泉プロムナードを清掃している組も

dsc_0060

dsc_0042dsc_0043dsc_0048dsc_0037

 

 

 

苦手なナメクジやテントウムシを我慢して頑張り、やっぱり大きな落ち葉の山ができました。

拾った落ち葉とゴミは皆で手分けして持って帰ります。

dsc_0069

 

 

 

短い時間の奉仕活動でしたが、皆で力を合わせたので

とてもきれいになりました。

dsc_0068

 

 

 

附属豊明小学校6年生の皆さん、お疲れさまでした。

そしてありがとうございました!!

カレンダー

2015 年 12 月
« 11 月   1 月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページ