» 2013 » 4 月のブログ記事

 4月20日(土)創立記念日。
 深夜1:15から放送された、テレビ朝日「夏目☆記念日」。皆さまはご覧になりましたか。
この日は「女子大の日」にちなんで、本学創立者・成瀬仁蔵と創立まもない本校の様子が取り上げられました。
 普段なかなか目にすることのできない、成瀬記念館所蔵の貴重な動画も随所にちりばめられており、開校時や運動会の映像に目をうばわれ、成瀬先生の熱演に感銘を受けた方も多いのではないでしょうか。

 さて、今日は収録の様子を少しご紹介しましょう。
 取材が始まったのは2月、ディレクターさんは成瀬に関する著作を読み込み、一日に何度も電話でお問い合わせをくださる日もあった程、その制作過程は熱心で心のこもったものでした。

 本学でのロケは2月28日、3月13日、3月20日の3回。
 1回目は、成瀬記念館で学芸員・岸本さんへのインタビューや資料集め、正門の撮影など、一日がかり。

 2回目は、朝8時から成瀬記念講堂にて講演シーンの収録。この日は成瀬先生(!)も来校されました。
 告別講演の撮影用に成瀬旧宅から椅子(さすがに本物は運び出せないので、代わりの椅子です)をお借りして運んだり、警備員室から脚立をお借りして運んだり、外の工事の方々に収録の間、音が出ないようご協力をお願いしたり・・・するうちに、収録はスムーズに進み、高村光太郎作の成瀬先生像には、恐縮ながら、しばしお隠れいただいて(ごめんなさい!)生前の成瀬先生の講演が再現されました。
 dsc_00011
 dsc_0003

 3回目は、卒業式が行われた西生田キャンパスから、成瀬記念館の岸本さんと急いで目白へ向かい、MCの夏目三久さんをはじめ出演者の皆さまを成瀬旧宅へお迎えしました。
 折しも構内は工事中。時計台を通るメインのルートは使えず、南側の壁伝いの小路を歩いてのご案内となりました。
 実は、あの日、夏目さんたちは、どこへ案内されるか全く知らずに、成瀬旧宅へ。
そう、番組のなかでのリアクションは本物なのです。
 そして、ご案内役を落ち着いて務めていた岸本さん、実は実は、この収録の2時間ほど前に、急きょ出演依頼を受けました。

 創立記念日に、皆さんの心に響いた今回の「夏目☆記念日」。
学園関係者さえ忘れていた大切なことまでも、私たちの目の前へ、爽やかに贈り届けてくださいました。
終始ひたむきに、懸命に制作にあたってくださったテレビ朝日の熊川さん、そしてスタッフの皆さまに心よりお礼申し上げます。
 これからも素敵な「記念日」をご紹介くださることに期待しつつ・・・。

 4月9日(火)~6月8日(土)、目白キャンパス成瀬記念館にて、「シリーズ『天職に生きる』-成瀬仁蔵と『住』」展が行われています。創立者成瀬仁蔵が、住環境に対して早い段階から関心を抱き、創立期より家政学のカリキュラムに住教育が組み入れられた歴史を知ることができます。

 また本展では、創立者が目白キャンパス校内に構えた、木造2階建ての住まいの図面等も見ることができます。この住居は、現在では「成瀬記念館分館」と呼ばれ、今も静かに目白キャンパスにたたずんでいます。
 本学の住教育の歴史と、創立者の住まいを知ることができる本展に、ぜひお立ち寄りください。

 なお、創立者の住まいである成瀬記念館分館をはじめとして、初公開の本学の貴重な写真や映像が見られるのが、テレビ朝日「夏目☆記念日」4月20日(土)放送の『女子大の日』です!
 20日(土)に創立記念日を迎える本学が、たっぷりと紹介されますので、こちらもぜひご覧ください。

 放送予定日時等:http://blog.jwu.ac.jp/media/?p=4093

dsc_0001
展示の様子

dsc_0008
成瀬記念館分館の
平面図(復元)(現状)

dsc_0020
現在の成瀬記念館分館

 大学は、4月2日(火)に入学式を挙行し、その後、新入生オリエンテーションや自治活動オリエンテーションを行いました。
 8日(月)からは、授業を開始し、キャンパス内は、学生の行き交う風景が戻りました。休み時間には、学生サロンがとても賑やかです。
 新学期が始まり、行事等も多かったと思いますが、新入生も少しずつ学生生活に慣れていくことでしょう。そして、20日(土)には、創立記念式典を西生田キャンパスにて挙行いたします。 

201304121
これから授業に向かいます

201304122
学生サロンは賑やかです

目白会より贈られたハナズオウが開花しました
目白会より贈られたハナズオウが
開花しました

カレンダー

2013 年 4 月
« 3 月   5 月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ページ