» 2010 » 7 月のブログ記事

目白キャンパスでは建物内のあちこちに、かわいらしいペットが鎮座しています。
このペットの正体は・・・・

dsc_00561

dsc_00581

ペットボトルキャップの回収ボックスなのです!
目白学生自治会は、2008年から「エコキャップ回収活動」に取り組んでいます。「ペットボトルのキャップを集めて、世界の子どもたちにワクチンを届けよう」という趣旨のもと、キャンパス内にはこうしたペット達が10個所に設置されていて、現在までに約5万個を回収しています。ペットは全て目白学生自治会による手作りで、ネコやイヌ?タヌキ?など種類も様々です。
ゴミとして焼却すればCO2を発生する小さなキャップも、800個集めれば一人分のワクチン代になるとのこと。5万個で62人分のワクチン代です。これからの暑い季節、つい冷たい飲み物に手が伸びますが、ラベルをはがしたペットボトルは回収箱に、キャップはさっと洗ってペットの中へ!こうした小さな努力が、世界の子どもと地球の未来創りに繋がるのは、うれしいことです。
ちなみに今、ペット達は夏休みで休養中です。後期にはまたキャンパスに登場予定です。

NGO法人エコキャップ推進協会公式サイト http://ecocap007.com/index.html

現在、成瀬記念館(目白キャンパス)および西生田成瀬記念室(西生田キャンパス)において、
「軽井沢夏季寮の生活 三泉寮と三井家」が展示されています。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。
開館時間等の詳細は、以下の成瀬記念館のページをご参照下さい。
http://www.jwu.ac.jp/grp/naruse_memorial/exhibition.html
dsc_00034
目白キャンパス展示の様子
karuizawaten25
西生田キャンパス展示の様子
karuizawaten
三泉寮建て替え前まで使われていた食堂の椅子
(西生田キャンパスにて展示)

7月13日(火)附属豊明幼稚園では、年長児を対象とした「夏の保育」が行われ、夏の夕方の幼稚園を楽しみました。園舎内には、園児による素敵な飾りづけが行われ、園児自らが野菜を切り、カレーを作りました。また、新園舎が来年完成することから、現園舎で行う「夏の保育」は今年が最後となり、園舎内の教室を「ほうめいワンダーランドたんけんたい」と題し、おかしの部屋を始め、うみ、もり、うちゅう、おばけ、かいじゅうたちのいる部屋を巡りました。その後、タップダンスのパフォーマンスがあり、園児も一緒にダンスを踊り、思い出深い一日を終えました。

うみの部屋で

うみの部屋で

7月8日(木)の午後、本学の協定大学であるメルボルン大学教員による模擬授業が行われました。留学を目指す学生が、真剣な表情で英語による授業を受講していました。

dsc_0002

dsc_0015

本学には、留学期間を修業年限に算入できる協定大学留学を設けています。また30単位を上限に卒業単位として認定されます。この制度を利用して留学する学生が毎年十数人おり、優秀な学生には、日本女子大学泉会より奨励金が授与されます。

6/30(水)午後のひととき、梅雨を忘れるような青空が広がりました。
創立者 成瀬仁蔵先生の旧宅である成瀬記念館分室は、緑の木々の間から降り注ぐ
木洩れ日を受けて佇み、辺りには静かな時間が流れていました。
八十年館横から旧宅へと続く小径には、紫陽花が美しい花をたくさん咲かせて、
ちょうど見頃を迎えています。
dsc_0064e4bfaee6ada3e6b888

緑に囲まれた成瀬記念館分館

          

八十年館横の紫陽花

八十年館横のアジサイ

一段と濃い色も美しいガクアジサイ

一段と濃い色も美しいガクアジサイ

カレンダー

2010 年 7 月
« 6 月   8 月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ページ