» 03 学生の活躍のブログ記事

6月10日(金)「給食経営管理実習」、教職員対象の給食提供最終日です。

Luna's Kitchen

いそいそとLuna’s Kitchenへ行ってきました!

今日のメニューは・・・・

 

口福で幸福なお昼を!

 

わたしの大好きな中華です♪

 

 

 

 

給食は緊密なチームワークで

メニュー開発のプロセス

今回も綿密な作業指示書を作成し、

協力して手際よい調理を心掛けています。

メニュー決定までの試行の過程も展示してあります。

いかに「美味しく、見栄えよく、食べやすく」提供するか、研究を重ねた成果が・・・・

いただきます!!

きれい!!

美味しそう!!

そして美味しかった!!

一皿ごとに工夫と細やかさがうかがわれるメニューの数々。

左下から ちまき風炊き込みご飯、蒸したらの甘酢野菜あんかけ

ひじきと切り干し大根の中華サラダ、そしてデザートはココナッツミルクプリンです。

栄養満点の乾物はもどす時間や独自食感の管理が難しいですよね。

ここまで味も食感も、それぞれ美味しく提供するのはきっと大変なのだろうな、と感動しました。

手分けして手際よく最後まで細やかにいざ提供作りながら片づけます

 

 

 

 

学生の皆さんそれぞれの手際と、あうんの呼吸の連係プレー

作りながらあっという間に片付いて清潔になっていく調理場にも感心。

おなかはペコペコ期待はいっぱい

ランチを楽しみにしていた学生・教職員の列ができました。

 

 

皆が美味しく食べている中、真剣なまなざしの学生さんたちが・・・

dsc_0094dsc_0091dsc_00921dsc_00931

提供したら終わり、ではなかったのです。

ここのテーブルでは提供温度がどう変わるかを時間経過でチェック、

常にベストな温度でお客さまに提供できるように管理。

また重量の推移も細かく確認し、口に入れたその瞬間一番美味しく食べてもらえるように

「科学の目」で管理をしていました!

健康的なメニュー、美味しく食べてもらう理想への努力は「信念徹底」

試行錯誤して研究を重ねる「自発創生」

調理場の中で外で、チームワークを組んで提供にあたる真摯な姿勢は「共同奉仕」

三綱領の精神を感じた幸福と口福なランチでした。

実習にあたった皆さん、ごちそうさまでした!

 6月29日(月)厚生労働省労働基準局が、
学生とのアルバイトの労働条件に関する座談会を開催しました。
テーマは「アルバイトをする前に労働条件を確かめていますか?」。
 東京の五つの大学の学生6名がこの座談会に参加し、
日本女子大学から2名の学生が加わり、積極的に発言をしました。

 座談会では自らのアルバイト経験、特にアルバイトの探し方、応募を決めた条件などを話し、
その中で実際起きた困ったこと、労働条件の実態などを語りました。

「アルバイトをする上で労働基準法を意識しているか」
「大学生に対して労働条件に関する注意事項を知ってもらうためにはどうしたら良いか」
という厚生労働省側からの質問には各学生が率直な意見を述べました。

 労働基準法を知り、労働者としての自分を守るためには
SNSや動画投稿サイトの活用、大学生からではなく中学・高校生から周知が必要ではないかなど、
大学生ならではの視点から意見が活発に出されました。

 この座談会はマスコミからも注目を集めました。

厚生労働省と学生の間で活発な意見が交わされました

11月30日(日)バスケットボール部の四女子大学定期戦が第一体育館で行われ、58回目を迎える大会において、本学が見事に優勝しました。
*四女子大学の構成は、本学・お茶の水女子大学・昭和女子大学・東京女子大学

当日は、選手のほか、各大学の卒業生や選手の保護者・友人の方も観戦し、大いに盛り上がりました。
今後も、本学バスケットボール部の活躍に期待です!

関連リンク:
・日本女子大学HP キャンパスライフ公認サークルバスケットボール部
2011年12月14日 広報ブログ「バスケットボール部四女子大学定期戦」

cymera_20141228_141440
白熱した試合を終えて

e5a4a7e5ada6e38390e382b9e382b1e38383e38388e3839ce383bce383abe983a8
優勝を喜ぶ、本学バスケ部の選手たち

 現在、カリフォルニア大学(UC)夏期日本語集中講座が、目白キャンパス内で行われています。この集中講座では、UC学生対象の授業の他に、本学の有志学生による学生交流プログラムがあり、本学学生自らが6月から準備を重ねてきた企画で、UC学生に日本事情や文化を紹介しています。

 8月10日(金)には学内で、「日本文化体験」と題し、書道を行いました。本学学生のアドバイスを受けながら、UC学生は熱心に耳を傾け、筆をとりました。UC学生の中には、「絆」という文字を書いた学生もいました。そして最後には、白地のうちわに好きな文字を書いて、記念撮影をしました。その後、全員で明治神宮を参拝しました。この他の学生交流プログラムは、浅草や秋葉原、原宿・NHK、日比谷周辺(相田みつを美術館・皇居等)、ジブリ美術館等を予定しています。

絆という文字を書いています
「絆」という文字を書いて

本学学生がサポートをしています
本学学生がサポートをしています

皆、上手く書き上げました
皆、上手く書き上げました

 また本学の学生は、この集中講座の授業内で、UC学生の日本語の話し相手になる活動「会話ボランティア」にも多く関わっており、日本語教員が会話ボランティアを必要とする授業に入ってもらい、トピックスに沿って会話の練習をしています。

会話ボランティアのサポートを受けて
会話ボランティアのサポートを受けて

 本学ラクロス部は、去る11月3日(木・祝)午後2時より、学習院大学目白キャンパス北グラウンドにおいて、念願の関東学生リーグ1部昇格を懸けた入れ替え戦 vs学習院大学戦に挑みました。

 前半は、やや気持ちが入りすぎているように見受けられる中、あまり得点の動かない展開。しかし、終了間際に見事な同点ロングシュートが決まり3-3、流れを引き寄せながら後半へ突入。後半開始早々に幸先よく勝ち越すも、その後は終始追い続ける状況が続き、遂にゲームセットの瞬間を迎えることとなりました。無念、7-10の惜敗。

 相手のホーム、慣れない人工芝コート、加えて学習院大学は翌日からの学園祭に向けて学生で溢れかえる環境の中、コートに立った選手は勿論、部員全員が全力を尽くしました。OG、友人、保護者の方々等、多くの方々の応援を受けながら、本当に頑張りました。ナイスファイトでした。今回、残念ながら宿願の1部昇格は叶いませんでしたが、4年生が残してくれた宿題を、来年、3年生以下が成し遂げられるよう、また練習に励みましょう。引退となってしまう4年生、本当にお疲れさまでした。後輩たちが、きっと夢を叶えてくれます。温かく見守ってあげてください。

 学生、教職員の皆さん、今後もラクロス部の活躍にご期待ください。必ず進化してくれます。

試合開始前の学習院北グラウンド

学習院大学北グラウンド

 

試合前のウォームアップ

試合前のウォームアップ

 

心強いたくさんの応援の方々

心強いたくさんの応援の方々

 

試合開始直前、部員全員、気持ちは最高潮!

試合開始直前。部員全員、気持ちは最高潮!

 

いよいよドロー(サッカーでいうキックオフのこと)

いよいよドロー(サッカーでいうキックオフのこと)

 

攻める本学チーム、ナイスシュート

攻める本学チーム、ナイスシュート!

 

激しい攻防!

激しい攻防!

 

残念!無情なホイッスルが・・・

残念!無情なホイッスルが・・・

 

駆けつけてくださった応援の方々に感謝の挨拶

駆けつけてくださった応援の方々に感謝の挨拶

 

悔しいけど・・・夢は後輩たちに託して・・・

悔しいけど・・・夢は後輩たちに託して・・・

 2日後に、関東学生リーグ1部昇格を懸けての入れ替え戦に臨む、ラクロス部の朝練にお邪魔しました。

 本日早朝、澄みきった空気が清々しい西生田キャンパス大学グラウンドに約50名の部員が集合し、コーチの指導の下、入れ替え戦に向けて、フォーメーションなどの最終チェックを行いました。1時間30分程の短い練習時間でしたが、選手たちの元気な声が響き渡り、決戦に向けての強い意気込みが感じられました。試合当日がたいへん楽しみです。平常心を保ち、自分たちのペースで試合運びができれば、必ずや勝利へと結びつくことでしょう。

 学生、教職員の皆さん、ラクロス部の勝利を祈って、応援しましょう!

 (再掲) 入れ替え戦  日時 11月 3日(木・祝) ドロー14:00~  対 学習院大学戦

                場所 学習院大学北グラウンド

朝日の眩しい早朝の大学グラウンド

朝日の眩しい早朝の大学グラウンド

 

練習開始前のウォーミングアップ

練習開始前のウォーミングアップ

 

ミニゲームで戦術の最終チェック

ミニゲームで戦術の最終チェック

 

練習後のミーティング、さあ決戦の舞台へ!!

練習後のミーティング、さあ決戦の舞台へ!!

 漸く秋らしくなった10月9日(日)午前10時より、東洋英和女学院大学横浜キャンパスのグラウンドにおいて、関東学生ラクロスリーグ(女子)2部リーグBブロック、本学の最終戦となる対玉川大学戦が行われました。ここまで3勝1敗の本学ラクロス部は、この試合に勝てば、一部昇格を懸けての入替戦に臨めるとあって堅くなったのか、序盤は得点を挙げては追いつかれる試合展開でしたが、中盤からは徐々に自力を発揮し始め、12対7で勝利を収め2位が確定。この結果、念願の一部昇格に向けての第一関門を突破しました。

 一部と二部の間は想像以上の実力差があり、これからが険しい道のりかと思いますが、自分たちの力を信じて、相手に正面からぶつかっていって欲しいです。そして、部員全員の目標である一部昇格を達成し、応援に駆けつけられた保護者の方々、友人等とも喜びを分かち合えれば最高でしょう。是非とも、その歓喜の輪に加わりたいと思います。

 なお、入替戦の日程等は、現時点では未定です。決定次第、このブログでお知らせいたします。学生、教職員の皆さん、ラクロス部に熱い、熱い声援をお願いいたします。

※日本ラクロス協会公式サイト;http://www.lacrosse.gr.jp/

rimg00042

気合いの入る応援フラッグ

rimg0016

立ち上がりから相手ゴールに攻め込む本学選手たち

rimg0031

得点を挙げ、喜ぶ本学チーム

rimg0033

追加得点で、相手を突き放す。

rimg00391

試合終了。念願の入替戦へ進出決定!

rimg0050

試合終了後、駆けつけたOGから入替戦に向けて、厳しくも温かいメッセージが贈られる

「広報ブログ」では、今後も頑張っている学生を紹介していければと思っています。個人でも団体でもOKです。情報をお寄せいただければ幸いです。

 

  家政学部住居学科平田研究室による、シュシュ プロジェクト「カワイイを贈ろう!」が、本日からスタートしました。研究室の皆さんが東日本大震災からの復興のために少しでも役立ちたいと考えた、シュシュを購入して東北を応援するプロジェクトです。
 販売されるのは、プロジェクトチームから避難所や仮設住宅で暮らす被災者の方々へ、シュシュ制作キットをお届けして制作していただいたシュシュで、作った方の手書きのメッセージカードが添えられています。シュシュを購入すると、メッセージを書くことができるカードが用意されていて、シュシュを作った方にお返事カードを届けられるようになっています。価格は1つ300円。売り上げとお返事カードは、避難所や仮設住宅に届けられる仕組みです。
 皆さまも是非、お早めに足を運んでみませんか?
 
 シュシュの販売は
10月3日(月)~6日(木) 10:30~14:40 
70年館 2階 学生サロンにて

なお、目白祭でも新作柄を販売する予定とのことです。そちらもどうぞお楽しみに!

*シュシュプロジェクト公式ブログ  http://ameblo.jp/chouchou-pro/

 

 販売会場は学生サロンの一角 

丁寧にレイアウトされた販売会場

 

ステキなシュシュ1つ1つに心のこもったメッセージが添えられています

ステキなシュシュ1つ1つに心のこもったメッセージが添えられています

9月22日(木)から26日(月)まで、新宿タカシマヤで、「小学館『大学は美味しい!!』 2011フェア」が開催され、今回初めて、本学も、人間社会学部(西生田キャンパス)の学生が中心となって開発したお菓子やグッズ等を出品しました。「日本女子大学」の綺麗なロゴで飾られたブースでは、人間社会学部の学生が、自ら販売にも当りました。

大学生みんたば!」や「SAKU LABO(サクラボ)」など、地域連携活動を行っている学生が、青森で田植えや稲刈り等の農作業に参加して収穫したお米の粉を使ったウサギ型のおまんじゅう「ひめのちゃんとみんたくん」はかわいらしく、米粉とりんごでできた「ろまんのメヌエット」はとてもおしゃれ!他にも、地域とのコラボで生まれたお菓子「ミス・チェリー」、学生が収穫を手伝ったりんごでできた「干しリンゴ」、ラベル貼りも手伝った無添加のブルーベリーやラズベリーのジャム、米粉でできたカレールー、ネーミングが楽しい「辛いソー酢」「飲むっ酢」「りんごっ酢」等々、いずれも安心安全がコンセプトという本学ならではの商品ばかりで、大勢のお客様が本学のブースに足を止めてくださいました。

先週も稲刈りに行ってきたという学生によれば、稲刈りは、腰が痛くなるなどなかなか大変な作業だったようですが、美味しくて安全なお米を収穫し、米粉からは美味しいお菓子が誕生し、そんな様子を目の当たりにして、そうした苦労などは吹き飛んでしまったことでしょう。

いずれの大学のブースも、食料自給率アップを目指した商品や、町おこしや環境保護を目指した商品など、実に様々な取り組みで開発された自慢の「食」で大賑わいでした。本学のブースにお越しいただきました大勢のお客さま、本当にありがとうございました。

【関連記事】
asahi.com(朝日新聞社公式ホームページ)
http://www.asahi.com/edu/gallery/20110922university/
http://www.asahi.com/edu/gallery/20110922university/delicious04.html

Yahooニュース(神奈川新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110922-00000003-kana-l14

01  03

04  05 021

 真夏に逆戻りしたような暑さの9月10日(土)午後3時より、大井ふ頭中央海浜公園第2球技場において、2部リーグBブロック第3戦 対成蹊大学戦が行われました。本学ラクロス部は開幕から2連勝と快調な滑り出しでこの試合に臨みましたが、取りつ取られつのシーソーゲームの結果、残念ながら6-7で敗れてしまいました。

 今期での1部昇格を目指す本学にとっては痛い敗戦であったかも知れませんが、当然のことながら未だ諦めてはいません。試合後にキャプテンから力強いメッセージも出されました。残りの試合も厳しい試合が予想されますが、是非とも最後には部員全員で歓喜の輪を作れるよう、そしてその瞬間をカメラに収められるよう願うばかりです。先のことは考えず、まずは次戦が大切。皆さん、今後とも温かなご声援をお願いします。

 【次戦日時】  9月25日(日) 午後4時40分より  対 聖心女子大学戦

 【試合会場】  大井ふ頭中央海浜公園第2球技場

           JR山手線、京浜東北線浜松町駅から東京モノレールで2つ目、「大井競馬場前」駅

           下車徒歩15分、または、JR京浜東北線大井町駅東口より都営バス「井92系統」

           「八潮南」下車徒歩6分

  ※日本ラクロス協会公式サイト;http://www.lacrosse.gr.jp/

秋とは名ばかり、暑い中、多くの観戦者でスタンドは満ちあふれていました。

秋とは名ばかり、暑い中、スタンドは多くの観戦者であふれかえっていました。

いよいよ試合開始。平常心で、持てる力を発揮できれば、必ずや勝利!

いよいよ試合開始。平常心で、持てる力を発揮できれば、必ずや勝利!

ナイスシュート!本学5点目の得点、勝ち越し。

ナイスシュート!本学5点目の得点、勝ち越し。

6点目のシュート決まる。激しい追い上げ!

6点目のシュート決まる。激しい追い上げ!

追い上げ及ばず、惜敗。気持ちを切り替えて次戦に!

追い上げ及ばず、惜敗。気持ちを切り替えて次戦に!お疲れさまでした。

 「広報ブログ」では、今後も頑張っている学生を紹介していければと思っています。個人でも団体でもOKです。情報をお寄せいただければ幸いです。

カレンダー

2020 年 10 月
« 7 月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ページ