2月1日(月)からの一般入試を控えて、目白キャンパスでは準備が進んでいます。構内にはポスターや掲示が貼り出されています。受験生の皆さんをお迎えする準備が整いつつあります。

寒さの底の季節です。受験生の皆さん、体調管理に気をつけて当日を迎えて下さい。

そして・・・桜の咲くころお会いしましょう!

dsc_0010

  百年館低層棟入口    

e29886dsc_5375

 正門「桜の咲くころお会いしましょう」ポスター

 1月9日(土)多摩川の河川敷にて「平成28年度 多摩区消防出初式」が行われました。
当日はお天気にも恵まれて、暖かい日差しの中たくさんの方々が来場されていました。

 その中で、橋の上に大きく飾られていたのは附属中学校書道部の青木美樹さんの書き初めです。
真っ青な空の下、立派な書が掲げられました。
dsc_0038_2

dsc_0039_2

 会場では、太鼓の演奏や、車両部隊の分列行進、玉幼稚園のソーラン節、稲田中学校吹奏楽部の演奏が披露され、駆けつけたマスコット達も一緒に盛り上がっていました。
dsc_0056_2 dsc_0062_2
dsc_0076 dsc_0079
dsc_0052_2 dsc_0053_2

 クライマックスは、火災現場を想定しての消防演技と一斉放水。
子ども達も加わっての実演で、消防隊員の活躍を目の前で見ることができました。
dsc_0083_21 dsc_0087dsc_0097

 放水後は、はしご車で附属中学校書道部の今井里緒さんの書が披露され、
見事なフィナーレを迎えました。
dsc_0120_2 dsc_0106_2

 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 本年も皆さまにとって、晴れやか年になりますよう心よりお祈り申し上げます。
 
 また本年も、ホームページをはじめ、広報誌などを通して学園のさまざまな情報を発信していきますので、是非ご覧下さい。
 
 写真は、目白キャンパス正門前に飾られた門松です。

20160105-1

20160105-2

2015年、日本女子大学人間社会学部は開設25周年を迎えました。

それを記念し12月12日(土)、西生田キャンパス九十年館10番教室にてシンポジウムが開かれました。

シンポジストは以下の3名の方々です。

*脚本家大森美香さん

e5a4a7e6a3aee38195e38293dsc_0038

現在NHKの連続テレビ小説「あさが来た」を執筆中の大森美香さんの講演のテーマは

「明治の女性にとっての女子大学-脚本執筆のなかで感じられたこと」。

なぜ広岡浅子をモデルに選んだのか・・それは明治という時代に女子大学がなぜ必要だったのか、そしてどのような過程で女子大学が創られていったかということに深い興味を持ったから、とお話しをしてくださいました。

*本学名誉教授 片桐芳雄先生

e78987e6a190e58588e7949fdsc_0054

「成瀬仁蔵と人間社会学部」というテーマでお話をいただきました。

人間社会学部に含まれる「社会」という言葉、これを成瀬先生がどう解釈していたかを切り口に、日本女子大学における人間社会学部の設立の意義をお話しいただきました。

*本学名誉教授 川原ゆり先生

e5b79de58e9fe58588e7949fdsc_0059

当時学生生活部長として、西生田キャンパスにおける新学部の芽吹きをつぶさに見守ってきた川原先生のテーマは

「開設当初の人間社会学部」。

手探りで新しい学部を切り開いていった教職員たちのご苦労、大学生活をより充実させようと奮闘する学生たちのエピソード、社会人入学の学生たちのめざましい頑張りなど、当時の活気ある人間社会学部のお話しをいただきました。

会場は学部の学生、大学院生、学校関係者だけでなく、卒業生や旧教職員も大勢参加しました。

e585a8e699afdsc_0079

 

満席となった大教室は、当時を懐かしむ思いと未来にむけての希望と期待で、和やかな活気にあふれました。

冬晴れの空の下、附属豊明小学校6年生120名が、
大学構内と周辺の落ち葉清掃を行いました。
泉プロムナードに集合

まず、大学の職員の方にご挨拶をしました。

よろしくお願いいたします。

泉プロムナードと大学周辺と、ふたつのグループに分かれて清掃活動をします。

静かに移動します

周辺組はさらにテニスコート近辺、歩道橋、歩道に分かれて清掃を行いました。

dsc_0012dsc_0021dsc_0026dsc_0025

dsc_00271dsc_0022

掃くそばから銀杏の葉が落ちてきましたが、

「落ち葉が散るより早く掃除をすればいいんだね!」

と言いながら一生懸命清掃しました。

dsc_00652

 

 

 

 

30分少しの時間で落ち葉の山ができました。

一方泉プロムナードを清掃している組も

dsc_0060

dsc_0042dsc_0043dsc_0048dsc_0037

 

 

 

苦手なナメクジやテントウムシを我慢して頑張り、やっぱり大きな落ち葉の山ができました。

拾った落ち葉とゴミは皆で手分けして持って帰ります。

dsc_0069

 

 

 

短い時間の奉仕活動でしたが、皆で力を合わせたので

とてもきれいになりました。

dsc_0068

 

 

 

附属豊明小学校6年生の皆さん、お疲れさまでした。

そしてありがとうございました!!

 11月12日(木)に附属豊明幼稚園でサイエンスショーを行いました。
子どもたちはこれからどんなことが起こるのか、楽しみでいっぱい! 
真剣に先生の話をきいています
真剣に先生の話を聞いています
dsc_00692
 空気砲でみんなを攻撃だ!
dsc_00934
大きい空気砲にみんなびっくり!
dsc_00933
傘袋ロケット発射!

科学って体験しながら楽しく学べるんだね!
これからも不思議に思ったことは先生に聞いて謎を解いていこうね。

☆☆附属豊明幼稚園よりお知らせ☆☆
現在、附属豊明幼稚園では、2016(平成28年度) 3年保育・2年保育 男児再募集しております。
詳しくは附属豊明幼稚園ホームページまで。

目白キャンパス図書館の掲示板の傍らに山茶花(さざんか)が満開に咲いています。童謡「たき火」の歌詞にも

出てくる有名な植物です。お茶室にもよく飾られ、冬のおとずれを感じさせてくれる美しい花です。

dsc_0004

山茶花も椿もツバキ科の植物で、とてもよく似ていていますが、違いがわかりますか?

山茶花は、秋の終わり頃から冬に入る頃に花を咲かせます。対して、椿は冬から春にかけて花を咲かせます。

散り方にも違いがあります。山茶花は、はなびらが一枚ずつ散ります。椿は、花ごと落下します。

木枯らしが吹き始めた中で、美しく咲く、可愛らしいお花の紹介でした。

学内を歩いていたら・・・

いつもの場所がいつもと違う?!
trick or treat!
お菓子くれないとイタズラするよ!
生涯学習センターがハロウィン一色になってました。
カウンターにはお菓子も・・・
お菓子クダサイ!

いつもはきれいなカウンターに・・・

蜘蛛が嫌いな方、閲覧注意!

蜘蛛の巣張ってました・・・・

 

おや?ここは立ち入り禁止??

入るな危険!

そっと覗いてみたら・・・

Guess who?

きゃっ!

食べられた後?

赤ずきんちゃん・・・オオカミに食べられた後??

ノリノリの先生方

 

ここはハロウィンパーティ会場。

先生方の扮装の気合いにびっくりです。

全員集合

参加した学生さんたちもとても楽しそうでした!!

★★ご参考までに★★

これは生涯学習センターで開講している「毎日学ぶ課外英会話」のイベントです。

「毎日学ぶ課外英会話」では授業やイベントを通して楽しく実践的な英語力が身につきます。

 本学の卒業生でプロカメラマンの大下桃子さんが、このほどHPを開設されました。

 大下さんは、附属高等学校から家政学部児童学科を卒業され、1989(平成元)年のアルペンスキー世界選手権(Vail,アメリカ合衆国コロラド州) をきっかけに、本格的にスキー写真を撮り始め、以後スキーワールドカップ・冬季オリンピック・世界選手権などの大会をはじめ、さまざまなスキーシーン、その他のスポーツやダンスなどを撮影されています。

 是非スピード感あふれる作品をご覧下さい。

 大下桃子さんホームページ
 学園ニュース掲載誌面

7月15日(水)附属豊明幼稚園で「夏の保育」を楽しみました。
夏休み直前のイベントです。
dsc_0026

まずはカレー作り。カレーに入れる野菜を園児
自らがちいさな手でひとつずつ上手に切ります。

dsc_0040

切り終わった野菜をみんなで一緒に運びます。

dsc_0073dsc_0070

幼稚園に届いた「夜のダンスパーティー」の招待状は、文字が隠されていました。
隠された言葉のヒントを探しに、レッツゴー!

dsc_00912dsc_0105
dsc_0097dsc_0113

初夏の思い出深い一日となりました。

カレンダー

2016 年 2 月
« 1 月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  

ページ