7月7日(月)は、朝からあいにくの雨となってしまいましたが、今年も西生田キャンパスの水田記念学生ホールの入口には、七夕の星空へ向けてたくさんの短冊で彩られた笹が飾られています。色とりどりの短冊には、どんな願い事が書かれているのでしょう?
 雨に負けず!皆さんの思いが届きますように。

e58699e79c9f-1
七夕の笹飾り

e58699e79c9f-2
短冊には色々な願い事が…

6月30日(月)、附属豊明小学校では、図工科の授業で七夕飾り制作を行いました。

制作は、1年生と5年生の児童がペアを組む“豊明なかよしグループ ”で進めました。1年生は5年生のお姉さんから作り方を教えてもらい、たくさんのきれいな七夕飾りと短冊を作りました。5年生は、自分が1年生だった頃にお姉さんに教えてもらったことを思い出している様子で、1年生と一緒に楽しそうに手を動かしていました。

出来上がった色とろどりの七夕飾りと、一人ひとりの願いごとがたくさん詰まった笹は、附属豊明小学校の学園通りに飾られています。

七夕の夜、天の川にきらめく星たちに、皆さんの願いごとが届きますように。

dsc_0001
“豊明なかよしグループ ”で制作を開始!

dsc_0042

dsc_0006
折り紙を切り貼りして、飾りを作ります

dsc_0044
作った飾りや短冊を、しっかり笹につけていきます

dsc_0092
学園通りに、飾りつけました

dsc_0112
色とりどりの七夕飾り

dsc_0118
どんな願いごとを書いているのかな

去る6月23日(月)は、本学創立者成瀬仁蔵先生の生誕日でした。

学内では毎年この日に「成瀬仁蔵先生生誕記念日の集い」が催されます。

またその日に併せて、文京区指定有形文化財「旧成瀬仁蔵住宅」

(日本女子大学成瀬記念館分館)が特別に一般公開されます。

今年も学生、本学関係者だけでなく、幼稚園児をお連れの保護者の皆さまや、

一般の方々も多数見学にいらしていました。

dsc_0116

賑やかなキャンパスの片隅、したたるような緑に埋もれた静謐なたたずまいです。

大学創立当初からの唯一の日本家屋、ふと懐かしさを感じます。
dsc_0065

dsc_0067
二階へ上がる急階段。
この手すりのロープには「秘話」があるんですよ。
dsc_0073
二階は成瀬先生のお住まいだった空間。
dsc_0089

 

寝室にはみずみずしい紫陽花。
ひっそりと先生の枕元を彩っていました。
dsc_0103

都の道路の拡張工事による移築のため、
住宅はこの秋以降一時閉鎖されます。

創立以来、明治のたたずまいを味わえるのは今しかありません。

この機会にぜひ、成瀬先生の心と語らいに訪れてみませんか。

(見学等問い合わせ先:成瀬記念館)

 6月19日(木)午後、梅雨の合間に青空が広がりました。
 目白キャンパス内を巡ってみると、木々の緑も深くなり、八十年館北側にある創立者成瀬仁蔵旧宅へと続く小径には、紫陽花が咲いていました。
 また学内では、節電ポスターを目にしました。本学園では夏季の節電対策の基本方針を定めています。
 昨年同様に、ご協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

新泉山館
新泉山館

紫陽花
紫陽花

屋上庭園からの眺め
屋上庭園からの眺め

節電を呼びかけるポスター
節電を呼びかけるポスター

 

 本日6月2日(月)より、「第十回 平塚らいてう賞」の公募を開始します。

 『青鞜』の創刊に携わった、平塚らいてう氏(日本女子大学校3回生)の本学卒業100年を記念して、2005年に創設された本賞も、今回で10回目を迎えました。

 「男女共同参画社会の実現および女性解放を通じた世界平和に関する研究や活動に光を当てること、ならびに若い世代に対して平塚らいてう氏の遺志を継承していくこと」を目的としている『平塚らいてう賞』。過去受賞された方々は、様々なジャンルで素晴らしいご活躍をされています。

 自薦・他薦は問いません。詳しくは、以下ホームページをご覧ください。
 多くの皆さまからのご応募、お待ちしております。

◇「平塚らいてう賞」ホームページ
 http://www.jwu.ac.jp/st/grp/raiteu/index.html

raiteu_prize10_flyer
第十回 平塚らいてう賞ポスター

附属豊明小学校写生会作品展が、5月16日(金)、17日(土)、19日(月)の間、開催されています。

新緑の美しい新宿御苑にて、2年生から6年生が描いた色とりどりの作品が展示されています。
ぜひお立ち寄り下さい。

関連リンク:附属豊明小学校HP 公開行事 http://www.jwu.ac.jp/elm/exam/consulting.html

rimg00031

rimg0011

rimg0010

前回のブログでご紹介したランゲージラウンジ。

オープニングセレモニー翌日、さっそく本学の協定大学であるウェルズリー・カレッジの説明会が開催されました。

ウェルズリー・カレッジより教員が来校され、カレッジライフの紹介、留学生活への質疑応答などを行いました。

ラウンジは、留学を考えている1-3年生でぎっしり。

20140513

立ってお話を聞く学生さんが多数出るほどの盛況ぶりでした。

ウェルズリー・カレッジの先生の話に熱心に耳を傾け、積極的に質問しているうちに、留学への夢が一歩近づいてきたようでした。

さて、ランゲージラウンジのある八十年館の外では・・・

20140513

献血を呼びかけるゆるキャラが大人気。

昼休みを利用して、献血の列に並ぶ学生さんを見受けました。

学内で国際交流、あるいは小さな社会貢献。

いろいろな風景が繰り広げられるお昼のひとときでした。

 5月8日(木)に、ランゲージ・ラウンジのオープニングセレモニーを行いました。
 両キャンパスのランゲージ・ラウンジには、英語をベースとして、各外国語を楽しく学ぶ上での仕掛けがたくさんあり、気軽にネイティブと会話を楽しむことができます。
 また、日本人スタッフによる履修相談や、留学相談、学習相談も受け付けています。
 目白キャンパスは八十年館地下1階に、西生田キャンパスは水田記念ホール1階にありますので、是非、訪れてみてください。

佐藤和人学長によるテープカット
佐藤和人学長によるテープカット

セレモニー後の懇親会の様子
セレモニー後の懇親会の様子

 

桜に見とれていたのもつかの間、キャンパスは新緑の季節に移りつつあり、目白キャンパスでは、大学生のお姉さんたちに混じって、真新しい制服に身を包んだ豊明小学校の1年生や豊明幼稚園の園児たちが、保護者様に連れられてキャンパスを歩いている姿を目にします。

この時期、学部だけでなく、さまざまな課程のガイダンスの季節でもあり、キャンパスに学生が溢れて、とても賑やかです。暫く静かな学内だったので、賑やかさに圧倒される毎日です。(楽しそうで羨ましくもあるのですが!)

正門付近泉プロムナード(トウカエデ)

つつじや皐月、ライラック、ハナズオウ、マロニエ(トチノキ)などの木々のほか、花壇にはチューリップやすみれをはじめたくさんの花々が咲いていますが、とても立派な芍薬が咲いていました。

芍薬

桜の季節は終わりましたが、学内には何種類かの桜があり、珍しい御衣黄もあったのでした。

御衣黄

 目白キャンパスの桜の様子をご紹介しましたが、西生田キャンパスも負けないくらい綺麗です。
2014年4月2日(火)に行われた入学式では、満開の桜の中新入生の皆さまをお迎えすることができました。
 花の時期はあっという間ですが、日本女子大学の桜をお楽しみいただけましたか?

dsc_00811

dsc_0095

dsc_0087

カレンダー

2014 年 7 月
« 6 月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページ